2014 2/26

シンポジウム「大学で映像クリエイターは育つのか? ~ハリウッドと日本の現場から~」



3月15日に早稲田大学大隈記念講堂で開催したシンポジウムは、「大学で映像クリエイターは育つのか?」という問いに向き合う日本とハリウッドの大学教授、映画監督、プロデューサーら各界を代表する方々によって、古典作品を学ぶ意義、早期の国際共同制作、講義における企画開発、映像制作環境としての学校のあり方、メンターシップによる産学の連携など、様々な観点から熱心な意見交換が行われました。
登壇者の皆様、ご協力いただいた団体各位、そして長時間にわたって耳を傾けていただいた聴衆の皆様に、心より御礼申し上げます。