2005 10/21

相内啓司x小林康夫 対談 「『存在とイマージュ』について」


本学の相内啓司教授の新作映像作品「Aphrodia」を含む映像5作品の上映と、小林康夫氏(東京大学大学院教授)を招いての講演会と対談が行われました。相内教授の作品を主軸に、現代の視覚と表現の問題を様々なアプローチから検証されました。



日時 2005年7月30日(日) 13:00-
会場 早稲田大学小野梓記念講堂
入場料 無料
主催 早稲田大学川口芸術学校