2009 4/23

PFFアワードに卒業生作品が入選

ぴあ主催の「PFFアワード2009」に、本校卒業生の奥田庸介監督の『青春墓場~問答無用~』が入選しました。
同アワードは若手映画監督の登竜門として随一の賞であり、著名な映画監督を数多く輩出しています。今年は569本の作品から同作品を含め16作品が入選し、7/17~31に東京都国立近代美術館フィルムセンターで行われる「第31回 ぴあフィルムフェスティバル」にて上映されます。

作品を監督した奥田君からは、「この映画は今まで撮ってきた映画の中でも一番撮影が壮絶でした。金は底を尽きるし、時間が足りなくて二日間ぶっ通しで撮影とかしました。熱中症にもなりました。でもどんなに辛い思いをしても、お客さんに「面白かった」とか言って貰えるとその辛さを忘れてしまうんです。だから次も撮れるんです。私は生粋のエンターティナーですから。」というコメントが寄せられました。
監督としてメガホンを取るかたわら役者としても出演し、思い描いたイメージを焼き付けた今作品。ぜひ上映会場の大スクリーンでご覧になってください。

関連リンク 第31回 ぴあフィルムフェスティバル