2010 9/28

卒業生が映文連アワード2010で部門優秀賞を受賞


公益社団法人映像文化製作者連盟主催の「映文連アワード2010」で本校卒業生の渡邊洋子さん作品『REN#8復活』が<パーソナル・コミュニケーション部門>で部門優秀賞を受賞しました。


「3年間、早稲田川口で映像を学び、スポーツを伝えたいと制作に没頭する中で、色々な葛藤がありました。やっと出来た作品ですが、また人に見ていただける機会が出来て、ありがたく思います。本当にたくさんの人の協力と先生方のご指導のおかげです。ありがとうございました」と本人からコメントが寄せられております。


「映文連アワード」は「プロフェッショナルが選ぶ、プロフェッショナルの仕事にふさわしい作品」を積極的に発掘・顕彰することによって、短編映像業界の活性化を図るとともに、次世代を担う新しい才能(学生・個人)を発掘し、映像業界のインキュベータとしての役割を担うことを目的として創設されました。


表彰式は12月8日(水)午前10時から時事通信ホール(東京都中央区銀座5-15-8)において開催され、受賞者に賞状とトロフィーが贈られます。 また、受賞記念上映会は12月9日(木)、10日(金)に富士フイルム西麻布本社1Fホール(東京都港区西麻布2-26-30)にて開催します。是非ご注目下さい。

関連リンク