2010 12/17

卒業・修了制作展「Factory2010」


早稲田大学川口芸術学校は、映画・ジャーナリズム・アニメーション・アートと4つの専攻ジャンルを持つ総合的な映像の専門学校です。
今年の卒業・修了制作展のテーマは「Factory」。私たちが一生懸命作ってきた映像は、誰かに見てもらわなければ「作品」にはなれません。 観ていただく"あなた"と、作った"わたし"。2つの歯車がかみ合うとき、はじめて作品が動き出します。心ゆくまで作品をお楽しみ下さい。


また、オープニングイベントとして、ドキュメンタリー映画で著名なジャン・ユンカーマン監督をお招きし、作品『老人と海』の上映会と監督講演会を行います。入場は無料です。是非、お越しください。


卒業制作展期間 2011年 1月21日(金)~1月23日(日) 10:00-19:00(予定)
会場 早稲田大学27号館B2F 小野記念講堂
・地下鉄東西線 早稲田駅(3a/3b出口) より徒歩5分
・JR山手線 高田馬場駅 都営バス早大正門前 より徒歩5分
入場料 無料
関連リンク
主催
お問い合わせ 048-269-7961

上映会&講演会 ジャン・ユンカーマン監督『老人と海』作品上映会&講演会
日時 2011年 1月21日(金) 16:00-19:00(予定)
会場 早稲田大学27号館B2F 小野記念講堂
・地下鉄東西線 早稲田駅(3a/3b出口) より徒歩5分
・JR山手線 高田馬場駅 都営バス早大正門前 より徒歩5分
入場料 無料
定員 230名 (満員になり次第終了)
主催
お問い合わせ 048-269-7961


ジャン・ユンカーマン監督(John junkarman)プロフィール

1952年、米国ミルウォーキー生まれ。スタンフォード大学東洋文学語課卒業。 1982年から日産自動車における「日本的」労使関係を取材し、そのドキュメンタリーを米のテレビ局で放送したことがきっかけで、映画の世界の道を拓く。 画家の丸木位里・俊夫妻を取材した『劫火-ヒロシマからの旅-』(1986年)は米国アカデミー賞記録映画部門ノミネート。『夢窓~庭との語らい』(1992年)はエミー賞を受賞。9.11のテロ後に言語学者ノーム・チョムスキーにインタビューした『チョムスキー9.11』(2002年)は世界十数カ国語に翻訳され、各国で劇場公開された。世界の知識人12人へのインタビューをもとに日本国憲法を検証する『映画 日本国憲法』(2005年)は戦後60年の節目に日本国憲法の意義を改めて問いかけた。現在も日米両国を拠点に活動を続ける。