2013 9/20

卒業生錫木公孝さん(6期生)作品「さようなら、ぼくの先生~最後の90日~」が映文連準グランプリを受賞

公益社団法人映像文化製作者連盟が主催する「映文連アワード2013」の受賞作品が決定しました。

「プロフェッショナルが選ぶ、プロフェッショナルの仕事にふさわしい作品」を積極的に発掘・顕彰することを目的に設立されたこのコンペティションは今年で7回目を迎え、公募部門156作品の中、本校卒業生の錫木公孝さんが準グランプリを受賞しました。

表彰式ならびに受賞作品上映会は12月8日(日)~10日(火)までの3日間、「International Corporate Film Showing 2013」とともに都内ホールにて開催致します。映画祭に関する詳細はこちらをご覧ください。