2014 2/26

シンポジウム「大学で映像クリエイターは育つのか? ~ハリウッドと日本の現場から~」



新人の監督やプロデュサーの育成を、誰が、どのようにおこなうか。このテーマに最前線で取り組む日本とハリウッドの映画監督・プロデューサー・大学教授によるシンポジウムを開催します。
第一部では、ジョージ・ルーカスやロバート・ゼメキスなど多くの著名監督を輩出した全米最古の映画学校・南カリフォルニア大学映画芸術学部のリピット水田堯教授と、ハリウッドの事情を知る映画監督の原田眞人氏の二人が、制作現場と学校教育における日米の差異について発表を行います。
第二部は若手監督に映画製作の機会を与える、映像産業振興機構の「若手映画作家育成プロジェクト」スーパーバイザーの富山省吾氏、国内外の映画祭受賞者を多数輩出する東京藝術大学大学院の岡本美津子教授など、新人の育成に携わる方々の活動について発表します。
パネルディスカッションでは、上記発表者に映画・放送・アニメーションなど各界で制作と教育の両面に携わる方を加えて議論します。質疑応答や終了後のレセプションなど、来場者と登壇者がコミュニケーションできる機会もご用意します。

日時 2014年 3月15日(土) 13:00~17:30 (開場 12:30/レセプション 18:00~20:00)
会場 早稲田大学 大隈記念講堂
主催
協力
構成
お申込み
料金
お問い合わせ